主婦的ライフハック

生活をもっと楽しく充実させるための情報を発信しています

家計簿が続かないひとのための超てきとうなつけ方

f:id:mayupoko:20180927203557p:plain

 

こんにちは、まるこです。

 

私が家計簿をつけ始めたのは家を出て一人暮らしを始めてからです。

 

頑張ってつけては挫折し、しばらくつかてはまた挫折し、を繰り返してました。

 

結婚してからはさらに本腰を入れてつけていたつもりですが、恥ずかしながらちゃんと一円単位で合わせられた月はほぼありません(焦

 

いつも数千円の用途不明金が出てきてイライラしてました。そんな私ですが、ようやく無理なく続けられる方法を編み出すことができました!

 

 

家計簿の〆は月末です。わかりやすいから。

 

用意するものは2つ

  • 月末まで記入された通帳
  • カード明細

これらを見ながら家計簿をつけていきます。

 

 

まず通帳を見ます。

先月末の金額と今月末の金額を比べた差が、今月かかった生活費になります。

 

 

先月末〇〇円 + 給与〇〇円 − 今月末〇〇円 = 生活費〇〇円

 

 

ですね!これで生活費の総額がわかります。

 

次に内訳を調べます。

 

通帳を見ると引き落としは3種類。

  • 口座引き落とし分
  • カード払い分
  • 現金引き出し分

 

口座引き落としは何に使ったか通帳に書いてますね。カード払い分は明細書を郵送してもらうか自分でweb明細を印刷します。現金引き出し分は、引き出した瞬間に使ったものとして家計簿で処理します。財布のなかに現金が残っててもそれはムシです。

 

うちはできる限りカード払いするようにしてます。カード払いだと明細書に記録が残りますから。

 

現金払いの時はいちいちレシートを取っておかなきゃいけなくて大変でした。財布がパンパンになるしうっかりしてレシートを捨ててしまっていくら使ったかわからない!てことがしょっちゅうありました。

 

クレカって便利ですねー。

 

クレジットカードの明細項目は多いのでまとめちゃいます。

 

うちはお金の出入りを年単位でざっくり把握できるように、あえて細かくつけないようにしてます。

 

理由ですが

  • そもそも性格的にムリがある。1円2円を合わせるなんてことはできない
  • 年間の大きな流れをわかっていないと、長期的な計画を立てられない
  • 税金・冠婚葬祭など毎月じゃないけど大きな支出は必ずある。いちいちその月の赤字か黒字かで一喜一憂したくない

後で見返した時のわかりやすさが一番大事かなと思います。あとは続けやすさですね。

 

 

というわけで今月も家計簿つけるぞー!!