主婦的ライフハック

生活をもっと楽しく充実させるための情報を発信しています

Kindle Unlimitedを躊躇している理由

キンドルアンリミテッドとは

 

月額980円で和書12万冊以上・洋書120万冊以上が読み放題のサービスです。

 

Kindle端末だけじゃなく、アプリをダウンロードすればスマホ・タブレット・パソコンでも読めます。

小説・ビジネス本・実用書・マンガ・雑誌・洋書など幅広いジャンルの取り扱いがあります。

  • 月額980円
  • 使える端末はKindle端末・スマホ・タブレット・パソコン
  • 和書12万冊以上、洋書120万冊以上
  • 同時に10冊までダウンロード可能
  • いつでも退会は可能
  • サービスを利用するにはプライム会員でないとダメ

 

Kindle Unlimitedはプライム会員になってないと利用できません。アマゾンプライムの会費は月額400円。コレはすでに入ってるので問題は無しですが。

 

プライムリーディングとの違い

 

プライム会員限定のサービス。会員なら追加料金なし。

大きく違うのは読み放題の本の数。和書・洋書合わせて数百冊です。

  • Prime Readingは対象の本の中から読みたい物を探す
  • Kindle Unlimitedは自分が読みたい本をKindle Unlimitedの中から見つけられる

 

この違いは大きいですよね。Kindle Unlimitedだと本屋の目立つところに置いてあるような本が読めたりするのでおトク感があって嬉しいです。

 

Kindle Unlimited の良い点

 

読みたいけど買うほどじゃないとき便利

 

本屋を何気なくふらふらしていて、いいなー読みたいなーと思う本はたくさんありますよね。

別に興味のない分野で普段は読まない雑誌でも、特集だけ面白そう!ってこともあります。Kindleアンリミテッドはメジャーな雑誌でもかなりの数が揃ってるので便利です。

 

この雑誌の特集だけ読みたい・・・でも買うのはもったいないし・・てときに躊躇なく読めるのはいいと思います。

 

読みたい本を全て読んだらモトは取れる

 

LDKとか家電批評とか CasaBRUTUS とか!読みたい雑誌はたくさんあります。もちろん本も。

それらを買って読むとなると軽く5000円は超えてきます。簡単にモトは取れちゃうんですよね。

読み放題のファッション誌全部読んだりなんて贅沢なこともできちゃうわけです。

 

Kindle Unlimitedを躊躇する理由

 

電子書籍が使いずらい

 

そもそもの話で、紙の本と電子書籍はどっちが使い勝手がいいでしょうか。電子書籍のメリットはたくさんありますが、欠点も当然あります。

  • 固定レイアウトの場合メモができない
  • 画面が小さいので、見開きで読むには向かない
  • 紙の本と比べて目が疲れる

 

私は本を買うと、書き込みやメモしたり途中の広告ページはちぎったりして自分だけの本って感じにしちゃうので、紙の本の方が使いやすいと思うときがけっこうあります。

 

電子書籍は紙にはない魅力があるのはわかるんですけど。

 

Kindle 端末を持っていない

電子書籍を読むとき私は Kindle の端末じゃなくiPad mini に入れて持ち歩いてます。

 

iPad mini とカバーを合わせると結構な重さになるんですよねコレが。測ってみたら573gでした。

マンガ単行本3冊分くらいでしょうか。

 

対してKindleは200g前後です。一番軽い Kindle Oasis だと133g。マンガ一冊分。なんという軽さ。

この差は大きいです。

 

一冊づつお金を出すのと読み放題では満足感が違う

 Kindle Unlimitedを躊躇するいちばんの理由はコレです。

1200円払って買った本とウェブサイトの画面で見つけた読み放題の本、どちらを真剣に読むでしょうか。絶対に1200円を払った方ですよね。

中身は同じはずなのに読む側の気持ちは違います。一冊づつの価値が下がると言ってもいいかも知れません。

良い本には著者へのリスペクトとしてちゃんと対価を払うべき!と思うのは私が時代遅れで頭の固いヤツなんでしょうか。

 

いろいろ考えてみましたが、Kindle Unlimitedの捉え方は12万冊読み放題!じゃなくて試し読みできる!の方が正しいかなと思います。

 

ゴチャゴチャと迷いつつ数ヶ月後には考えが変わってるかも知れません

お得なサービスであることには間違い無いので