主婦的ライフハック

生活をもっと楽しく充実させるための情報を発信しています

書類の管理するのに便利なアプリ、エバーノートを使ってみた

こんにちは、○子です。

 

私は片付けが苦手で、すぐに家を散らかしてしまいます。

使ったものは基本出しっぱなし。夫もそうです。

さらに子どももいるので、油断するとあっという間にそこら中が物だらけです。物を避けながら歩かなきゃいけない状態です(汗

 

なので、できる限り持ち物を減らして(散らかりようが無いくらいに)スッキリさせたい!と常々思っています。

 

最近すごくお世話になってるのが、エバーノート。以前から存在は知ってたんですが、こんなに便利だとは!もっと早く使っていれば良かったです。

いやあ遅いですね。

 

 

 

エバーノートがロゴをリニューアル

 

f:id:mayupoko:20180817210031j:plain

エバーノートの新しいロゴ

 

10周年を迎えて、ブランドリニューアルに伴いロゴも新しくなりました。「前向きさ」「明晰さ」「自信」といった思いが込められています。

 

CEOのクリス・オニール氏によると、

 

私たちは、自分にとって一番大切なことに使える時間をもっと増やすべき

 

だそうです。素晴らしい!!このブログも同じ考えです。限られた時間やお金をうまく使って、自分が本当にやりたいことをやろう。そのために記事を書いています。

 

エバーノートで書類を管理する

 

話は戻りますが。

エバーノートで紙類を管理するために、基本的な使い方をご説明します。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214650p:plain

 

これが最初の画面。

緑のプラスマークをタップして、まずは新しいノートを作ります。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214712p:plain

 

 

ノートに名前をつけます。

とりあえず今回は「あああああ」にしておきます。

自分がわかりやすければ何でもいいので付けてください。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214726p:plain

 

名前を付けたら、「作成」をタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214736p:plain

 

これで新しいノートができました。

新しく作ったノートをタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214745p:plain

 

 

最初は空です。ここに保存したい書類を追加していきます。 

緑色のプラスマークをタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214802p:plain

 

 

保存したい書類の名前を付けます。

ここも自分がわかれば何でもいいです。

「テスト00」と名前を付けました。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214809p:plain

 

 

名前を入力したら、矢印のマークをタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214817p:plain

 

 

カメラのマークをタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214825p:plain

 

 

「写真を撮影」をタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214832p:plain

 

 

書類の上にスマホをかざすと、自動で写真が撮れます。

写真が撮れたら画面下に表示されますので、そこをタップ。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214843p:plain

 

 

「文書」をタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214851p:plain

 

 

書類の種類を選んでください。

選んだ文書に合った画像処理を自動でしてくれます。

 

 

 

f:id:mayupoko:20180817214900p:plain

 

「保存」をタップします。

 

 

f:id:mayupoko:20180817214907p:plain

 

 

「完了」をタップします。

 

これで終わりです。簡単ですよ!

 

エバーノートで保存したら、後は本当に大事な書類以外は捨ててしまえます。一括で管理ができるし、物理的なスペースを取らずに済むのでスッキリです!

 

りあえずエバーノートに保存して、保存済みのものは一箇所にまとめておくと、 必要な時にあれどこいった!?なんて探し回らなくてよくなります。本当に便利です。

 

アプリは無料で使えるので、ぜひ活用して欲しいと思います。